2008年04月28日

もつかなあ…

普段の出張用に2つのスーツケースを使い分けています。
1,2泊用の超小型と、3、4泊のやや小型。
GWの旅行は3泊なのでこの「やや小型」で行くつもりです。

ところで出発は金曜夕方なのですが、まだ今週も出張が入りました。行き先は大阪です。
水・木と行ってきてということで、金曜から旅行って言ってあるのにどこまでこきつかう気だよとちょっと不満でしたが、そうはいってもGWにのほほんと有休で旅行に行くので(単純に労働者の権利と言い切れないのが会社勤めの辛いところ)文句も言わずに受けました。

が。そこで木曜の夜に帰れないことが判明です。

続きを読む
posted by ひかり at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そろそろのはずですが…

2月受験の結果の発表がそろそろかと思います。
確か2年前の自分の受験の時にはGWにつなぎの派遣仕事をしている最中に発表があった覚えがあります。

それにしても発表日ぐらい決めてもらえないものでしょうか。
そろそろかな、と公式サイトや予備校情報、受験生ネットワークなどに注意しつつイライラと毎晩サイトをチェックするのは精神衛生上悪かったです。

プレッシャーがきつく精神的に追い込まれる試験であるのは確かですが、何も発表までそんなにストレスフルなことしなくてもいいのに…。

精神的に追い込まれる試験といえば、予備校だったり受験生仲間だったりの間ではいろんなうわさを聞きます。つまり、プレッシャーで「いっちゃった」人の話です。
試験中に叫び出したとか、そういう類ですね。
会話がなくなって夫婦の危機を迎えたとかは実話っぽいですし、眠る時間が惜しくてドラッグに手を出した人のうわさなども絶えません。直接の知人から聞いた話では、彼女のご主人(アメリカ人)は、もともと軽い歯軋りがある人だったそうですが、受験直前の期間毎晩歯軋りがひどくなり、ついにある晩歯軋りで歯が砕けてしまったそうです。

知人が受験しています。どうかいい結果が出ますように。
posted by ひかり at 00:28| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視力回復第2号

出張の多い生活を続けていますが、なんといってもすばらしいのはコンタクトケア用品も眼鏡もいらないこと。
特に海外に行ったときは、機内でこんなに楽なのかと思うほど楽でした。

レーシック(視力回復手術)をして3ヶ月になりますが、ドライアイもほぼおさまり、視力もコンタクトを使っていたのと同じぐらいに出ています。もともとの視力がひどかったことを考えると奇跡的です。
あまりに快適で、いろんな人に「レーシック、いいですよ〜」と言いました。

なんと、兄が受けました。
ある意味、自分が受けるより怖かったですが、無事成功したようでほっとしているところです。
いい加減ひどかった私の視力を更に上回る(下回る?)兄の視力からすると、眼鏡なしの生活なんて本当に夢のような生活のはず。
医学の進歩ってすばらしいです。
posted by ひかり at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

ダイエットの方法

なんとかGWまでにダイエットしたい、とやっと重い腰をあげたのが2週間前でした。
びくびくしながら体重を量って衝撃にのけぞり、wii fit(ゲーム)の目標ダイエット数値を入れようとしたら「無理なダイエットは体によくありません」とキャラクターに止められる羽目に。交渉の末(?)しぶしぶ設定を認めてもらったダイエット数値の期限は明日なのですが…。

ふふふ。今朝の測定では「すばらしい!目標より早く達成しましたね!」とキャラクターに褒めてもらいました。
つまり、2週間の目標は達成です!
「急なダイエットで心配しましたよ」とも言われてしまいましたが。

続きを読む
posted by ひかり at 12:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼年期の終わり(クラーク)

先日アーサー・C・クラーク氏が亡くなったことを受けて、書店ではクラークの本を平積みにしているところが多いです。

代表作の1つにあげられる「幼年期の終わり」。
小学生の頃にハヤカワで読んだ覚えはありますが、実はあまり覚えていませんでした。
「新版」という本を手に取ってみると、何か長編ぽいのです。ずっと短編だったと思っていましたが、実際はそこは第1章だったようで。
地球に宇宙船が突如現れ、その後長年にわたって交渉役を務めた地球人の代表が最後にその宇宙人の姿を見ようとすると見えた姿は…というあたりは鮮明に覚えていましたが、そこまでの短編だったと思ってました。
思い込みというのは激しいもので、「新版」を眺めながら「いや、あれは確かに短編だった、あの衝撃的なラスト(宇宙人の姿とそれが地球人に及ぼしていた「記憶」の意味)で終わっていたはず」と、これはその後長編化したに違いない、と思いましたよ。

続きを読む
posted by ひかり at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

減量

気分だけはジョーになったつもりでトレーニング(ダイエット)していると子供の頃を思い出します。
私は本や漫画の趣味はどちらかというと長兄と合うのですが、「明日のジョー」は次兄とはまりました。
当時兄は中学生、私は小学生。当時の子供は…というか当時の我が家では小中学生の兄妹ではコミック買うのも大変で。
ちょうどその頃体調を崩して入院していたのですけど、母と次兄が病院に来たときに母が「何か本でも買ってきてあげようか」と言うので「ドラえもん買って」といったら兄に「明日のジョーといえ」と言われたものでした。
今となっては「お兄さん、妹が具合悪くて入院してるのにちょっと自分勝手じゃありませんか」ですが、当時は素直に「そっかー。明日のジョー買って」と言い直した私はなんて兄想い。

続きを読む
posted by ひかり at 00:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

気分は金竜飛戦

金竜飛の名前が分かった人は私の心の友かもしれません。

えーと、ダイエットするするといつから言っているのか、結局何もしないままに4月に突入してしまいました。
諸般の事情によりGWまでには何とかせめて昨秋から増えてしまった分だけでも減らしたいなあと、ことここに至ってついにダイエットを決意。

食事もなるべく低カロリーにと思いつつも、どうしても外食が多いので摂取カロリーを極端に減らすのは難しいです。

運動しないことにはどうにもならず、とはいえなかなかウォーキングもゴルフレッスンも「ダイエット」というほどにはなりません。
そこで一大決心をして、年末に買ったきり塩漬け状態だったwii fitをついに開梱、テレビに接続しました。

続きを読む
posted by ひかり at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

病膏肓に入る

最近気に入って毎日のように使っている腕時計があります。
特に高級なわけでもプレゼントでも思い出があるわけでもない時計ですが何がそんなに気に入っているのかというと、うーん、いわばコレクターズアイテムといいましょうか、あるSFテレビドラマシリーズの関連グッズなのです。

さて昨夜、ほろ酔い加減で出張先のホテルにチェックインしました。
酔っ払ってはいてもまずはスーツはハンガーにかけておかなくては翌日が大変です。スーツだけは出さなくてはとスーツケースをあけて中身を探ったところ、スーツケースのバランスが崩れて倒れてしまい、そのはずみに鉄製のハンドル部分が左手の甲を直撃!
ヒィーィとかすれた悲鳴を漏らしながら手の甲を抱えて床にしゃがみこみ、その瞬間頭をよぎったのは「時計に当たらなくて良かった」ということでした。

思った瞬間、何か間違ってるぞと思いましたよ。我ながら。

続きを読む
posted by ひかり at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

ディープグリーン(佐々木淳子)

復刊だの続編だの関連本だの、昔の名作の人気にあやかろうという本や漫画が多いです。
いいものはいつ読んでもいいと思うので、別にそういうのはイヤではありません。名作は時代を超えるものです。時折本屋で見かけるそれらに月日の流れを感じることも多いですけど。

ただまあ、復刊に比べて続編だの新版だのはがっかりすることも多いかな。映画でも1作目があたって2作目というとがっかりすることが多いようなものでしょう。

で、この「ディープグリーン」。
本屋で見かけたときは一瞬、復刊だと思いました。
「昔出てた『ダークグリーン』のこと?」と。

続きを読む
posted by ひかり at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフレッスン

何が面白いのか分からない、とぼやきながらゴルフレッスンに通い始めて4週間。
4回単位のコースなので、1コース終わったことになります。

時間や曜日の変更も自由なタイプですが、4回とも最初に決めた日時で通いました。
行けば実際に出来ているかどうかはともかくインストラクターに言われたことを愚直なまでに真面目に実行しようとしています。
水分ぐらいは補給しますけど、70分間ほぼ真面目に打ってます。
ですが…面白くなってきたかと言われると…。



続きを読む
posted by ひかり at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミス・カリフォルニアの価値

訴訟大国アメリカ。何でも訴訟にしてしまう国。だからあんなに弁護士がいるんだ。だからあんなにロースクールがあって毎年何十万人(?)もの弁護士が誕生するんだ。
というわけでアメリカのびっくり訴訟にはびっくりしなくなってきていますが、面白い記事を見つけました。

ミス・カリフォルニアで1位を取ったはずだった女性が、実は主催者団体の間違いで2位だったということで、その主催者団体を訴えているそうです。
まあこれ自体はアメリカにおいて「特に」驚くことではないでしょう。その請求金額なんと500,000ドル(50,000,000円)ということとか、よくこんなことにこれだけいろんな理由を思いつくもんだとか、このコンテストの参加費用が1,500ドル(15万円)もするんだとか、ちょっとした驚きはありましたけれど。

私がすごいと思ったのは、この500,000ドルの根拠のひとつとして2位になったことが"public humiliationによる苦悩"とあげられていることです。
参加者が二人だったとでもいうならともかく、こういうコンテストで2位が恥さらしだなんて一体どれほどの美貌なんでしょう。
…いいなあ。その美貌も、それからそれだけのことを主張できてしまう自信もうらやましいです。
posted by ひかり at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

油断大敵

久しぶりの海外出張を楽しみにしていましたが、やはり二泊四日は超強行軍でした。体力的に辛かったです。
大体スーツでエコノミーって拷問ですよ。

それはさておき。
空港から現地のオフィスまでタクシーで向かいました。
料金が25ドルだったので、20ドル札2枚を出して「10ドルお釣りください」と言った…はずだったのですが。

どうやら1枚を50ドル札で出してしまったようです。

普段20ドル札までしか使わないため、たまたま手にしてしまった50ドル札を早めにつかってしまおうと普段自分が使い始める側に入れておいたのが失敗の元でした。

さすがにこの分を会社に請求はできませんが、でも30ドル失敗したからといって暮らしに困るわけではありません。
なのでショックだったのは、いい加減アメリカのお札には慣れたと思っていたのに、こんなことをしてしまうんだ、ということ。
確かにアメリカのお金はお札はどれもおんなじような見かけだし、硬貨も数字が書いてないしで、最初は見分けるのに苦労した覚えがあります。でも断続的にとはいえ長年つきあってきて、今では別段迷うこともなくなったと思っていたので、それがクヤシイです。
2ドル札とか1ドル硬貨とか普段あまり目にしないものならともかく、20ドル札なんて一番使うお札なのに。
posted by ひかり at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)

面白かった…あまりの面白さに本を置くこと能わず、寝食忘れて読みふけってしまいました。

話は久しぶりに再開した元同僚女性二人のランチシーンから始まります。二人が他愛もないおしゃべりをしながらお蕎麦を食べていると、そこのテレビが映し出すのは首相の暗殺シーン…。

ストーリーの大枠だけを言えば、ありがちな「国家権力による暗殺の濡れ衣もの」だし、結局真実はどうなのという疑問も残ります。
ですが、ページをめくる手を止められないという、ページターナーとしては一級品であることに間違いありません。はらはらどきどき、次がどうなるのか読みやめられないです。

ハードカバーなので通勤電車のお供には向きませんが、「この話、どうなるの?」というひきつけて離さないストーリー展開が好きな方はぜひどうぞ。
posted by ひかり at 01:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

現代イソップ物語

イソップにこんな話があったような気がします。
毎日塩を運ぶのが仕事のロバがいた。ある日、川で転んだところ塩が溶けて流れてしまい荷が軽くなった。これに味をしめたロバは、それから川に来るとわざと転ぶようになった…。

人間だってそういう人いますよ。
楽をする方法を見つけてしまうと、それがズルであっても平気で繰り返す人。

続きを読む
posted by ひかり at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。