2008年06月25日

「上司への復讐」?

「嫌な上司への復讐方法は?」
という記事を読みました。

うーん。
私も数多くの上司とめぐりあってきまして、「いい上司にめぐりあった」と思えるよりも「なんだよ上司のくせに」と思うことの方が多かったですし、許せないという思いを抱いたこともあります。

突然ですが、実は戦国武将で一番好きなのは明智光秀です。
戦国の世にあっても教養や礼節を重んじ、家族や部下を大事にしたという人のイメージがあって。一般には逆賊扱いされている光秀ですが、名君としての評価も高かったらしいですよ。
でもそんな彼は上司信長の横暴とイジメを耐え忍ばなくてはならなかったんですよね。そしてその上司は絶対の権力者。

それに比べれば。
しゃれこうべの酒を呑めと強要されるわけではなし。
母親を人質に取られて見殺しにされるわけではなし(←ただしこれは史実ではないらしいです)。
今の世の中、いざとなれば主君を変えるのは簡単だし(少なくとも戦国の世よりは)。

というわけで、こちらとしても復讐するといっても刀を振り回して矢を射掛ける必要はないわけです。
それではどんな復讐をしたかなあと考えると…。

続きを読む
posted by ひかり at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。