2008年07月07日

納得いかない



秋に旅行に行きたいなあとカレンダーで祝日を見ていたところ「重陽の節句」という日がありました。
9月9日です。別に祝日ではありませんが、苦が重なるのに節句とは何故?とちょっと気になりました。

するとですね、中国の陰陽思想に基づくものらしいです。
中国の思想、陰陽思想では、奇数は陽の数であり、陽の数の一番大きな数字の9が重なる日なので「重陽」と呼ばれ、この9が二つ重なる9月9日は大変めでたい日とされていました
こちらより引用。


へー。だから1月1日、3月3日、5月5日、7日7日…とそれそれ何かあるんですね。
とここは納得しました。
なぜ奇数が陽なのかは分かりませんけれど。でも結婚式のお祝いは奇数のお札というのは「分かれないように(割り切れないように)」という意味だと聞いていたけれど、もしかして奇数ということ自体に意味があるのかな、なんてことも思ってみたりして。

でも、あれ?
なんで「奇数は陽の数であり、陽の数の一番大きな数字の9が重なる日」なの?
奇数が陽の数なら一番大きな陽の数が重なるのは11月11日ではありませんか。

と、何か納得いかなかったのでした。

続きを読む
posted by ひかり at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑い。

7月の東京が暑いとこぼしてもしょうがないのですが、昨日今日ととても暑いです。
まあ家にいる分には暑いからといってどうということはないですし、平日日中は寒いぐらいな建物の中ですが、この季節なんといってもつらいのは通勤です。

夏でも大体通勤は長袖のパンツスーツです。
が、女物のスーツって夏物の長袖は少ないんですよね。半そでだったりせいぜい7分だったり。
夏に暑いといいつつ長袖着てるほうが間違っているのは重々承知ですが、日焼けが苦手という事情もありまして。
なので夏のスーツはどうするかというと、結局「春夏物」といったあたりになるので、真夏用や梅雨用には対応していないのです。

つまり、通勤が暑い!

冬の通勤も辛いですが夏の通勤(朝)も本当に辛いです。
朝シャワーで汗を流しても、駅まで歩き満員電車に乗っていると、会社につく頃は結局汗をかいてます。
ああ、不快…。

真冬も辛いですが真夏も辛いです。
posted by ひかり at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。