2008年11月18日

北森鴻を読む

今、北森鴻が面白い。

この人のシリーズで女性の民俗学者を主人公にしたシリーズは数年前に読んだことがあります。
基本的にウンチクものは好きなので、このときも一気にシリーズを読んでしまいました。

つい最近、女性骨董品業者を主人公とする長編を読みまして。(「狐闇」「狐罠」)
いや〜面白かったです。ウンチクも好きですが頑張る女性主人公も好き(サラ・パレツキーのV.I.ウォーショースキーなんかがお気に入りです)。
このシリーズはこの両方を満足させてくれるものでした。
「騙す悪よりも騙される愚かさを憎む」という骨董品の世界(どこまでほんとかは知りません)。この世界での騙す騙されるが面白いです。ミステリーを意外性のある謎解きとしてとらえるとさほど高い点はつけられないですし、特に1作目の方は叙述トリックとしてもどうなの?という気はしますが。がんばる主人公とうんちくを楽しみたい人にはお勧めです。別出版社から出ている同シリーズの短編集も面白かったです。

でもって今一番はまっているのは香菜里屋シリーズ。連作短編集です。
続きを読む
posted by ひかり at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。