2008年12月09日

サラトガ受験

ニューヨーク州の受験といえば外国人LL.Mはアルバニー、ラップトップ受験や働いている人などだけマンハッタン…と思っていました。逆にいえばこのどちらかかと。

サラトガ受験て本当にあるんですね(失礼!)
サラトガで受験されたという方にお目にかかりました。

お話を伺う限り、なかなか日本からの受験生には向いているのかもという気がします。

続きを読む
posted by ひかり at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 法律系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bookとブック

本が溺れた、ブックブック・・・。
日本が飛び込んだ、じゃっぱーん!

アメリカ人の友人が近所に出来た本屋のことをbook firstと発音したので、「はいはい、ブック・ファーストね」と言ったところ、「まったくもう、どうして日本語は英語を変えちゃうの?bookはbookでしょ、ウなんてつけないでよ」と笑われました。

ちょっとびっくり。

日本語は確かに子音で終わる音が「ん」を除くとないので、英語を日本語発音するときは母音をつけます。
それは分かっていますし、たいていの音は自分でも認識できるのですけれど。
firstをファーストと発音すればtにオがついているのは明らかですが、bookのクにそんなに強くウの音がついているとは思いませんでした。私にはbookのkと普通の会話文で軽く発音するブックのクは差異が分かりません。
へえ、やっぱりそんなにはっきり母音が聞こえているんだー、と聞こえ方の違いを改めて感じたのでした。
posted by ひかり at 00:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

濡れ衣を晴らす

すでに喉が痛いこと3週間目に突入し、風邪薬の長期服用はよくないだろうなあと思いつつも背に腹は変えられず適当にだましだまし仕事に行ってます。
といっても別に具合が悪いわけではなくひたすら喉が痛いだけ。職場でも「風邪ですか」と言われると「何か喉が痛くて」と答えてます。

上司が今朝、「体調が悪い」と言い出し、「ひかりさんに移された」と言い出しました。
「どう具合が悪いんですか」と聞くと「お腹が痛い、気持ちが悪い、熱が出そうな寒気がする」

絶対私が移したんじゃないわい。
「全然症状違うじゃないですか」といっても聞く耳持たず。
「ひかりさんに移された」「ひかりさん治ってないのにマスク外すから」(←咳をしていた間はマスクしていました)と言い募った挙句、近所の病院に行った彼は「胃腸炎だって」と帰ってきました。
「やっぱり私の喉風邪とは違ったじゃないですか」といっても「いや、ひかりさんからだ」と譲りません。
ま、別段悪意があって言っているわけではなくてある程度お約束の会話ではあるので聞き流し、「それは辛いですね。お帰りになったらいかがですか」と聞くと「普通の接触ぐらいならうつらないって言われたから大丈夫」とのこと。
「普通の接触ぐらいならうつらないのに、私からうつったんですか!それってどういうことです。セクハラですか、セクハラ!」と言ってみたところ「あっ、・・・ひかりさんからじゃないかも」と尻尾を巻いて逃げていきました」

へへん。
posted by ひかり at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。