2008年06月17日

ビールの誘惑

beer1.jpg

ビールって何でこんなにおいしいんですかねえ。

今日、会社でダイエット仲間と話しながら、「昨日呑みに行ってさー、1杯だけと思ってたのについビールばっかり呑んじゃったよ」と言ったところ、彼女は冷たく「いっつも1杯だけって言うけどほんとに1杯だけで止めたことなんて1回もないじゃない」
「え…(しばし沈黙)言われてみればそうかもしれないけど、でも夏はやっぱりビールだよ」
「冬だって呑んでるよね」


はい。その通りでございます。
具合が悪くてアルコールが飲めないような時はそもそもアルコールを口にしないという選択肢はありますが、言われてみれば1杯で止まることなんていうのはないかも。
それだったらいつも「1杯だけ…」なんて言い訳しながら呑まないで、最初から好きなだけ飲んじゃえって覚悟決めて呑んだ方が罪悪感を感じなくていいかなあ。

夏はビアガーデンに野球観戦に花火大会。ビールがおいしいものばかりです。
といっても昨日の呑みはそのいずれでもなく、単に集まってしゃべっているだけの普通の飲み会でしたが、それでもやっぱりビールはおいしい。
結局おいしいんですよ。ダイエットという意味からは困ったものです。
でも二日酔い対策と言う意味では、さすがにビールでは二日酔いにならないので週前半から安心して呑めるお酒です。

と言い訳しながらまた明日も呑むんだ…。
(今手にしているのは発泡酒です。家ではちょっとだけ気を遣ってます)
posted by ひかり at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよ、最初っからそんな「一杯だけ。」なんて言うからですよー。(笑)私は絶対にそんなこと言いませんよ。だって外に飲みに行って一杯で終わったことなんて、15歳から人生で一度もありませんから。

ビール二日酔いにならないですか?私時々なります。というより毎日ビールを飲むのを止めたら、次の日の体のだるさが軽くなりました。そういうわけでいつの間にか毎日のお酒がワイン1杯に変わりました。(でもコーヒーカップに1杯なんですけれどね。)(笑)
Posted by kbt at 2008年06月18日 01:15
>kbtさん
ビールで二日酔いはならないでしょう、と思いましたが、だるいぐらいのことならなってるのかも。どうせ呑みに行くと寝るのが遅くなるので、寝不足でだるいんだと思ってるんですけど。
私のいう二日酔いというのは、頭が痛くて起き上がれないとか、胃薬も逆流しそうなほど気持ちが悪いとか、なぜかまっすぐ歩けないとか、そういうことです。
それはビールでならないでしょ。

いや、この日は夕方から頭痛がしてて薬飲んでもあんまりすっきりしなかったんです。なのでアルコールはまずいだろうとお店の最寄り駅までは絶対ウーロン茶にすると思ってて、最寄り駅からお店に入ったぐらいまではコロナとかの軽めのビールを1本だけと思い直して、いざオーダーする段階で1杯だけなら生呑んでもいいかと思って…という深くて悩ましい葛藤があったんです。
でもそうですね。どうせ呑み始めて1杯でガマンするわけがないんです。守れないことをつぶやきながら呑むことはないですね。

えーと。kbtさん日本育ちじゃありませんでしたっけ。
と思いましたけど、15から…は追及しないことにします。(ま、酒飲み同士当然そのあたりはごにょごにょ…なわけですが一応ブログですから)
Posted by ひかり at 2008年06月18日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。