2008年06月28日

100円玉

100b.jpg


アメリカでため息をつくことはいろいろありますが、その比較的小さなことの1つに自販機の性能の悪さがあります。
コインと1ドル札しか受け付けず、かつコインも戻ってきてしまうことは多いですし、1ドル札にいたっては3枚ぐらい試してそのうちの1枚が吸い込まれればラッキーという感じだったりもします。
(日本だと自販機に行くときにちょうどその金額分の小銭を握り締めていったりしますが、アメリカではそれをやると購入できない可能性高しです)

100a.jpg

ところが今日、自販機に100円玉を入れたところ、何度入れなおしても受け付けられません。
日本の自販機もこういうの増えてきたねえ、と思いながら100円玉を手に取ると…。
なんかこんな不思議なものでした。


贋金でもオモチャでも外国の硬貨でもなく、古い100円玉らしいです。
100円て今の100円玉の前は100円札だと思っていたのでびっくりです。

この写真では見えないかもしれませんが、発行年は昭和41年。

硬貨の外縁の部分がぎざぎざになっている10円玉というのがあり、最近見ないような気がしますけど、子どもの頃は「ぎざじゅう」と呼んでいました。これは普通に自販で使えた気がしますけど、あれは確か昭和20年代前半の鋳造だったような。

硬貨ってどういう基準でデザイン変えるんでしょうね。
紙幣のデザイン変更は贋札対策というところが大きいと思うのですけれど、硬貨にそういう意味合いはあまり感じられませんし。

posted by ひかり at 01:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぎざじゅう、懐かしいですねぇ。ぎざじゅうは10円よりも価値が高いと言われたものですが、高いと言っても上限が知れていますよね。ところで上の100円玉、どこが違うんですか?今ひとつ写真だと分かりにくいので、教えてください。(ここ1年半ほど100円玉を見かけていないので、どういうものがスタンダードだったか忘れてしまいました。)
そういえば私、前の1000円札と5000円札、どこかに持っているはずです。確か将来価値が出るかもしれないと取っておいたのでした。はて?今はどこにあるのやら?
お金にまつわる記憶といえば、私500円玉ができたときのことをなぜかよーく覚えています。お札って高価なイメージがあるじゃないですか。それがいきなりコインとなり、「うわぁ、コレ?何だか価値がないみたい。」と当時思ったものでした。
Posted by kbt at 2008年06月28日 12:59
あ、ごめんなさい。写真を大きくしたら違いが分かりました。
Posted by kbt at 2008年06月28日 13:01
ウィキペディアで検索したら、その古い100円玉は銀貨のようですね。
貨幣の価値が下がってきて、現在の白銅に替わった時に、デザインも変えたのでしょうか?

話は変わりますが、会社の後輩(10歳年下)に、「昔は500円札だったんだよ。」と話をすると、本気で驚かれたことがあります。
年月の移り変わりを、ひしひしと感じた時でした。
Posted by DORA at 2008年06月28日 13:27
>kbtさん

ぎざじゅう、集める子とかいましたよね〜。何年のは価値が高い、とか。
私も前の前のお札(500円玉が出た頃にあったもの)はどこかにとっておいたはずですが、2年ほど前に変わったときのはもう残してません。あれだけの枚数が出ると将来価値があるということもないようです。
この100円玉は初めて見ましたよ。でも自販機が拒否するまで気づかなかったわけですから、気づかれないだけで意外と流通していたりして。先入観なのでしょうか、比べて見てみると全然違うのですけれど、お財布に入っている白金色の穴の開いてない硬貨であれば100円玉として何の疑問も持たなかったのが不思議です。
Posted by ひかり at 2008年06月28日 22:37
>DORAさん

へええ、昔の100円玉は銀貨だったんですか。100円玉は100円玉、しかも自販機で使えもしないなんて不便なだけなので、普通に使ってしまうつもりでしたけど、取っておこうかなという気になりそうです。
500円玉に限らず、年代の差は出ますよね。私の10歳下だと「私が子供の頃は家にビデオなんてなかった」と言うとびっくりするでしょうが、さらに次の世代になると「ビデオってなんですか」になりそうですし。逆に私も昔サザエさん読んでいて母に「たどんて何?」と訊いたら「たどんを知らない世代なのね…」と言われたものです。
Posted by ひかり at 2008年06月28日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101689960

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。