2008年08月15日

採用の基準

この先2ヶ月ほど業務多忙が予期されるため、一時的アシスタントとして派遣の方をお願いすることにしました。
お願いしたい業務は事務的な作業と庶務業務。つまり普通にPCが使えて日本語の会話や読み書きができれば十分、後は願わくば社会人経験が少しでもあるといいなーという程度です。

というわけで探すのが難しいスペックではないですから、希望を出した翌日にはもう4名ほどの候補者の方にお目にかかることが出来ました。

出席者は人事担当(男)、私の上司の本部長(男)、私(女)です。

まあ人事担当の方は立ち会っていただけで、短期の派遣の方ですし私が好きに決めていいことになっていました。

4名の方とそれぞれ20分ほどお話をして一度お帰りいただいた後、人事担当者から「ひかりさん、誰がいいですか」と聞かれて「Aさんです」と答えました。
すると上司は「ちょっと暗くないですか」と言うのです。

え?と意味が分かりませんでした。話をしていたときの感じは普通の受け答えでしたから。
「そうですか?」とよくわからずに首をかしげると、「つまり…部門の印象として、暗い感じになるでしょ」と更に意味不明な発言が。

人事担当者が「あとはお任せします。決めたら連絡ください」と立ち去ってから、やっと上司が言おうとしていたことがはっきりしました。
つまり、「不美人だからやめよう」と彼は言っていたのです。

確かにAさんは美人でも可愛いタイプでもありませんでした。
私だって受付や秘書のように、やはり外見が評価要素になってしまう職種があることは認めます。

でも、事務作業ですよ? 
真面目そうで「几帳面ぽくてしっかりしているよりも、見た目がいいことの方が重視されるべきという根拠が全く分かりませんでした。
でもこんな基準がきっと世の中まかり通っているんでしょうね。

で、結果としてどうしたかというと。
そこそこに綺麗なBさんにお願いすることにしました。

最終的には私が決めていいことになっていましたし、上司もそれは言っていましたが…。やはり上司にそんなどうでもいいところでマイナスの評価をされたスタートではその人にも申し訳ないですから。
だけどなんかばかばかしいなと思ったのでした。

そりゃ短期の派遣の人と私がやっていることは仕事の中身が違います。でも、結局この上司が重視するのは仕事よりも容姿ですか、と思うと、私の給料がろくに上がらないのは美人でないせいですか、などと僻んでしまうわけです。モチベーション下がりまくりですよ。
posted by ひかり at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、ひかりさん。

うわぁー、たった2ヶ月の仕事の事務作業、それの選択基準に美が加わるんですか。殴りたくなる上司ですね、まだまだ未熟な私としては「へぇ、顔で選ぶんですか。」とその上司に突っ込みそうです。

「美」は次のdiscrimination基準となる、と以前どこかアメリカの雑誌で読みましたけれど本当なのかもれないですね。その記事には、性別、年齢、人種、その次に該当するものと書かれていました。(詳しい順番は覚えていませんけれど。)

でもやはり最終的な判断はひかりさんと同じになりそうです。なぜならはじめからネガティブな印象をもたれてしまった人が、どこまで職場で馴染めるか、仕事が評価されるか分からないですし。それにしても「美」は、本人の好きで手に入るものではないですから(性別、人種などと同じで)、やはりこれは差別ですよね。しかも全然、美が必要とされない状況で…。

ふーむ、その上司、私は気に入りませんね。
Posted by kbt at 2008年08月16日 00:11
その上司の方、すごく素直というかなんていういか。。。ひかりさんにそんな意見を言うなんて厚顔無恥というか。
私だったらそのままその方の採用を進めてしまいそうです。愛想だけよくて怠け上手な派遣の方に懲りているだけに。
Posted by あや at 2008年08月16日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104799210

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。