2008年10月28日

ほっとばたーどらむ

遊びすぎが祟ったのか日曜から体調を崩していたのですが、昨夜は大事なスタートレックファンの集いの日。
熱を薬で封じ込めて、というか封じ込め切れないままに参加しました(←バカ)

普段は外でご飯を食べるのにアルコールを欠かすなどありえません。ですがさすがに飲む気にもならなかった上に朝から絶食状態だったのでこれはマズイだろうと、「体調が悪いのでアルコールはやめておきます。何かホットドリンクください」と言ったところ、ウーロン茶ならホットにできるということだったのでそれを頼みました。

しばらくして出てきたドリンクは、湯気立つ暖かそうな飲み物でしたがどう見ても白。ウーロン茶の色ではないでしょう。
そのスタトレファンの集いでは毎回会場になっているお店なのである程度気安くなっていることもあって、オーダーにワガママが言える反面オーダーしたものと全く違うものが勝手に出てくることも珍しくありません。なのでこのときもウーロン茶ではないことには何の疑問も持たず、ホットミルクかぁ、いいねえ、という感じで口に運びました。

うわっとむせ返るほどのアルコールの強烈な味に驚き、コレナンデスカと涙目で尋ねると「ホットバタードラム(hot buttered rum)です」とのこと。お酒にバター?というのは置いておいても、そもそも具合が悪いからアルコールはやめておくといっているのになぜラムなのかと思いつつ(オーダーと違うものが出てくることが珍しくないとはいえそういう部分で希望が無視されることはありませんでした)、二口目からはアルコールの衝撃がなくなったこともあり、ホットドリンクだったのは確かだったのでついつい飲んでしまいました。ま、原理は玉子酒と同じか、と。

飲んでる途中から体はぽかぽか。
計算上は9時半頃には薬が切れてしまうはずだったのですが、ついに12時頃寝るまでゾクゾク感がぶり返すことはなく、しかもそれですっかり治ってしまいました。今朝はまだ本調子ではなかったもののとりあえず熱は下がり、ふつーに(プラス残業数時間)仕事をしてきました。
ウソでしょ。

気になって検索してみたところ、そのホットバタードラムなるカクテルは風邪の特効薬だそうです。すぐに暖まる上に酔いが残らないのだとか。
私は発熱体質で具合が悪くなるというとまず熱を出すので、これはいいものを発見したと家にも材料を常備しておこうと思い立ちました
我が家にはビールやワイン、焼酎や梅酒は常備してありますがラムまではありません。というわけでまずラムが必要。バターも当然必要ですね。とまあそこまではカクテル名から想像できます。(カクテル名そのままともいえます)。ですがレシピを見るとバターといっても無塩バターがいいらしいです。無塩バターって何ですか。いやもちろん字からすれば塩の無いバターなんでしょうけど、そんなものどこで買えるんですか。更にクローブなるものに至ってはどんなものなのか想像もつきません。それってカレーに入れるんじゃありませんでした?

考えてみれば具合が悪くなるのなんて一冬にせいぜい片手で数えられるほど。そのためにこれだけそろえておいてかつ具合が悪くなって自分で作るのも馬鹿らしいものです。
具合悪くなったらどこかバーに行って飲ませてもらえばはるかに簡単じゃん、とものぐさ女王らしい結論にたどりついたのでした。

発熱さんはぜひお試しあれ、です。
(レシピはネットで検索すればいっぱい出てきます。「クローブ」なんて上級編材料(!)を使わないレシピもあります。もちろん私のようにバーで飲むという方法もアリです)
posted by ひかり at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひっ、ひかりさん。
無縁…じゃない無塩バターは普通にスーパーに売っていますから。
クローブは「丁子」のことですよね。
リンゴに刺しておくと、何時までもリンゴが腐らないと「大きな森の小さな家」に書いてありました。
こちらも、スーパーの香辛料売り場で普通に売っています。
ですから、風邪を引いたときくらいは、バーに行かずに、おとなしく家にいて養生してください。
どなたか私の代わりに、ひかりさんを止めてください。お願いします。
Posted by DORA at 2008年10月29日 08:48
DORAさん

え…。そんなに普通に手に入るものなんですか。うーん、お料理しないどころかスーパーにすらろくに行っていないのがばればれなことを書いてしまいましたね。
そういう状況なので具合が悪いときにスーパーに行くよりはバーに行く方が手軽、という生活を送っていますが…。そりゃ家で寝ているのが一番です。なのでDORAさんがデリバリー(完成品限定)してくださるなら出かけたりはしません。どうせならそこまで面倒みてください(開き直り)。

大きな森の小さな家、懐かしいです。大草原の方が有名かもしれませんけど、あの幸せな子供時代を描いた大きな森もとても好きです。特に食べ物の描写のおいしそうなことと言ったら!
といいつつクローブについては覚えていませんが…。鹿肉の燻製とか、メープルシロップキャンデーとか、豚のしっぽあぶりとか、あこがれたものです。わー、また読み返したくなってきました。
Posted by ひかり at 2008年10月29日 23:45
回復されたようでよかったです。
なるほど、玉子酒の洋酒版だったのですね。店長さん、なんだかんだといっても優しいじゃないですか。
仕事に遊びにお忙しいでしょうけど、お体だけは大事にして下さいね。
ひかりさんが元気がないと寂しいですから。
Posted by sachi at 2008年10月30日 13:52
ひかり様

私がお店に到着したときに「ホットバタードラム」を薦められたのは、そういうことだったんですか。

いやぁ。Kマスター、やりますねぇ。

卵酒は苦手なんですが、それなら飲めそうです。
でも、バター品薄のおかげで、近所のスーパーの無塩バターはとっても高い!

私にとって、ラム=マイヤーズラムなんですが、それとクローブだけじゃあだめかしら。

あ。来月の会では、お酒飲めるように体調整えてくださいね。一人だけ飲むのは寂しいし、ひかりさんのほろ酔いトークはとても楽しいんですから。
Posted by くりまんま at 2008年10月30日 22:49
>sachiさん、くりまんまさん

この話、次回お店でしたらダメですよ。
絶対勝ち誇られちゃいますから。「優しい」とか「やりますねぇ」とかも禁句です(笑)
ともあれ「アルコール止めておくって言ったじゃないですか!」とか怒らなくて良かったです。

>sachiさん
ありがとうございます。おかげさまで体調不良からは回復しました。が、その途端また出張&遊びのダブルパンチなのでまあまた体調崩す日も遠くはなさそうです。でもその間もスタトレ小説は読んでますよ。
来月は会合の日の前はちゃんと体調整えていきます。あの会を早退するのは無念でございます。私が早退した後何か面白い話は出ましたか。あのあとちゃんとスタトレ映像はかかりましたか。きっと私がいないときに限って貴重な情報が飛び交い珍しい映像が流れているのかと、泣きながら帰宅しました(涙)。

>くりまんまさん
えーと、「ホットバタードラム」というカクテルの話をしていたと思うんですが。
・・・バターを抜いたら「ホットラム」じゃないですか!それってすでにカクテルですらないですよね。
無塩バターでなくても大丈夫でしょうかならともかくも、まさかバター抜きでいいかとは。さすがです、くりまんまさん。
玉子酒も卵が入っているから苦手なんじゃないですか。卵抜きならお好きでしょう。

お店で飲んだバター入りホットバタードラムはお酒が回ったカッカする感じの暑くなりかたではなく、ぽかぽか暖まる心地よさでした。別に熱出してなくてもこれからの季節、寒い中出ていく帰りがけの一杯に良さそうです。機会があったらぜひ試してみてください。
Posted by ひかり at 2008年10月30日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108748315

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。