2008年11月26日

unforgivable

お料理がうまい同居人男性が出てくるというだけの紹介をした近藤史恵の「狼の寓話」ですが、続編の「黄泉路の犬」ともどもテーマは重い話です。(以下ネタばれ)

狼の寓話のテーマはDVです。
ホテルで殺害された男、疑われるのはその妻、お互い再婚同士であったその夫婦の過去を調べるうちに、彼らがそれぞれ初婚時にDVの加害者と被害者であったことが判明。
悔い、反省し、変わることを誓った男は再婚した妻に再度手を挙げたのか?
…人は変われないのでしょうか。どーんと重い展開でした。

そして黄泉路の犬。こちらは動物がテーマです。捨てられ、虐待され、殺処分されていくペット達。
アニマル・ホーダー(animal hoarder)という比較的日本では新しい概念も登場、「処分されるよりマシ」という飼い方が許されるべきなのか。小説なので誇張しているかもしれないですけど事実は小説より奇なりというぐらいです、本当にこういう飼い方をしている人もいるのかもしれません。

正当化される暴力とか、必要な実力行使とか、そういうものがあるのかどうかは分かりません。ま、「こんなやつ殴ってやればいいのに」と思うような場面もありますし。
でも、個人的に絶対許せいない暴力が強者から弱者への暴力です。大人が子供を、男性が女性を、高齢者や要介護者を、人が繋がれた犬を、虐待する。これは絶対に許されないと思います。

…と、熱く語ってきてこのオチかい!と怒らないでくださいね。ここまでも本題でしたがここからも本題です。

来年5月に公開予定のスタートレック映画最新作。
今回はカーク船長の子供時代も描かれるらしいということで楽しみにしていたのですが。
情報によると両親を早くに失ったカーク達兄弟は叔父の家に引き取られますが、叔父はアル中でカークたちを虐待するらしいのです。
すかっとしたいSF映画でそういうのはイヤだなあ。大体子供が虐待されるところなんて見たくないよなあ。
見に行くの止めようかなーと悩み中です。
posted by ひかり at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひかりさん

こんばんは。
ソース元行ってみました。
私の拙い英語読解力だと、シャトナー=カークとは違って、
その子供時代に受けた虐待によって、
パイン=カークはかなり性格に問題があるキャラクターになっちゃうみたいですねぇ…
・・・・・・・・なんぢゃそりゃ。

うーん。うーん。
ワタシも好き好んで、苦しむ人の姿など見たくもありません。
確か、この監督、「スタートレックを本来あるべき希望を高らかに唱い上げる、人々に夢を与える物語に戻す」って言ってませんでしたっけか?
それがいきなりアル中な問題アリの家なき子的な幼児虐待のドラマですか…

それでも、見には行きたいと思っていますけど…

とにかく、まだこの内容もうわさレベルなんですよね?
確か、ST6が公開される時も、「今回はスポックの恋物語になるらしい」とかいう情報がまことしやかに流れていたし…

希望はその、映画を見終わる最後の瞬間まで持ち続けようと思います(笑)
Posted by あさの at 2008年11月27日 22:40
あさのさん

まあねえ、私も結局は見に行ってしまうんだと思いますけど…。たとえカークが虐待されようと目の色が違おうとエンタープライズが地上で建造されていようと。
それに期待値が小さいほうが裏切られたときのショックが小さくていいかも(←悲しい)

ST6がスポックの恋物語(大笑)
それはすごいですね。
むしろST2ならある意味究極のラブストーリーのような気もしますよねー。

さてさてどんな映画になるんでしょうね。
Posted by ひかり at 2008年11月28日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110228467

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。