2008年11月30日

UPSからのメール

携帯にメールの受信があったので見てみると、こんなメールでした。

差出人 United Postal Service
件名 Your Tracking #XXXXXXXX
本文 Sorry, we were not able to deliver postal package you sent on November the 1st in time because the recipient's address is not correct.
Please print out the invoice copy attached and collect the package at our office.
If you do not receive package in ten days you will have to pay 36$ per day.
Your UPS

私が11月1日に送った荷物が名宛人の住所不明のため配送できなかったのでオフィスまで添付の請求書をプリントアウトの上引き取りに来てください、引き取りにこなかった場合は1日あたり36ドルを支払う必要が生じます。
だそうです。

最初の1,2行は「11月の始め?何か荷物送ったっけ?」と思って読んでしまいました。
が、送れなかった荷物の保管期限が過ぎたら36ドルの支払いなんて聞いたことありません。
大体、UPSに携帯のメアドなんて登録したことありませんし。
?と見直してみれば差出人はUnited Postal Serviceではないですか。ちなみにアメリカの宅配サービスの意味で使われるUPSはUnited "Parcel" Serviceですね。

これって架空請求ってやつかと思いましたけど、どうやって支払わせるつもりなんでしょう。
オフィスに受け取りに来いといわれてもオフィスの所在地が書いてないですし。添付の請求書はzipファイルで携帯では開けませんでした。
「これ何ですか」と返信する人を待つということでしょうか。
どんな手口なのか、返信してみたい気もします(怖いことになるとイヤなのでしませんが)。

日本語であれ英語であれ怪しいメールは読みもせずに削除していますが、たまーにこうやって読まされてしまうのがあるんですよね。
posted by ひかり at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同じメールを、私も何度か受け取りました。
そんなに頻繁にアメリカに荷物を送っているわけではないので、心当たりがなく、スパムだなあと分かったのですが、自分が荷物を送った後にこういうメールを受け取ると、心配になっちゃいますよね。
Posted by ちえ at 2008年12月04日 09:10
ちえさん、こんばんは。
同じスパム。もしかして同じキャリアだから(メール拝見しました。後ほど返信します)同じスパムが同じフィルタリングをくぐりぬけてきているかもしれませんね。
私もめったにアメリカに荷物を送らないのですけど、今回たまたまその時期に荷物を送っていたので、一瞬アレ?と思ってしまいました。
saguwa expressとかkuroneke yamatoとかが発信者だったらもう少しひっかかったかも(携帯登録しているところがあります)。
Posted by ひかり at 2008年12月04日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110440940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。