2008年12月30日

たかがゴルフされどゴルフ

毎週毎週辛抱強くスクールに通いながらも一向にうまくならない私のゴルフ。
誰に言っても「そんな急にうまくならないよ」「大体週1回なんでしょ。うまくなりたいなら毎日素振りしないと」と言われるのですけれど、私としては我慢も限界。
それでもサラリーマンの必須教養と忍の一字で続けています。

この週末、コースに出てきました。
おお。遅々とした歩みながらうまくなっている。
とりあえず、ゴルフっぽいものになってはきました。
(ゴルフっぽいもの=ゴルフクラブでボールをたたき、落下地点からまた打ち、その繰り返しをして最終的にカップにボールを落とせる。・・・これがゴルフっぽいというのなら今までいったいどういうプレーをしていたんだ?というのは内緒です)

昔、試験に落ち続けていたときに次兄に「あんたみたいなのはこうやって痛い目にあった方が人間性にはいいんだよ」と言われたことがあります。
傷心の妹にひどい言い様ではありますが、言わんとするところは分かりました。
私は嫌いなことは最初から取り組もうともしませんし、逆にやろうと思ったことで本当に手が届かなかった経験と言うのは少ない(決して「ない」わけではありませんが)ので、他人から見るとあまり苦労や努力をしていないように見えるのでしょう。というか、自分でもそう思います。自分なりには努力してきたつもりではあるのですけれど。

たかがゴルフ、されどゴルフ。
「苦労して努力して何かを学ぶ」という経験と、「その進歩を感じる喜び」という貴重な経験をしています。
ま、だからといって「もっとがんばろう」とまでは思えないのが私のナマケモノな本質ですが。

ちなみに私のスコアはうまい人なら2周できる、というあたりです。それでもうまい人と同じ料金なのですから、ゴルフクラブを振る回数で考えればある意味お徳です。(とへたっぴな友人とは慰めあっています)
posted by ひかり at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111913825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。