2009年01月02日

あけましておめでとうございます

2009年が明けました。
当ブログもまた年を越すことが出来ました。ご訪問くださった方々及び特にコメントやメールでご感想や情報をお寄せくださった方々に心より御礼申し上げます。

今年はブログの引越しを考えているので少々形態は変わるかもしれませんが、引き続き宜しくお願いします。

さて、お正月といっても特別なこともしなくなりました。
とはいえ新年を迎えればやはり今年の抱負といいますか2009年の目標ぐらいは持ちたいものです。

今年の抱負は、何でしょうか。

仕事は、決して満足しているわけではないのですが、ただそうはいっても今の会社で私が出来ることはまだありそうです。出来る限りのことをしてみたいという思いもあります。
満足しているわけではないというのも、海外法務ということで入ったはずがコンプライアンスが専門になっているから、という経緯から「話が違う」と納得がいかないだけで(あとはお給料も…。でもご時勢的に仕方ないのでしょうか)、そこのこだわりを捨てることができさえすればコンプライアンスというのは面白い仕事です。
決して綺麗ごとではすまない会社の現実の中で、「こうありたい」「正しいことをしましょう」と正面から言える部門でもあります。
もちろんお題目だけ唱えていても「会社は稼ぐことこそが使命」という現実に立ち向かえるわけもなく、どうやってそれを両立させていくか、意識を浸透させていくか、という調整能力が重視されます。
私は長年「いい仕事さえしていれば見る人は見てくれる」と信じてきていました。でもやっぱりいい仕事をするためには、いい仕事をするための環境を自分で作っていくというのも仕事のうちなのだと実感しています。比較的そういう部分は苦手にしてきたのですが、新しい経験と思って取り組んでいます。
幸い今の会社は今まで経験してきたいくつもの会社と比べても、決して稼ぐためなら何をしてもいいと考えているような会社ではなく、上層部まで含めて常識的なレベルで正しいことを守りたいと考えている人達が多いので、それはありがたいです。
ただコンプライアンスの難しいところは、どうしても「稼ぐ」ことと相反する場面や上層部の考えと違う部分が出てきた場合に進退をかける場面が生じることです。この会社に一生いよう、ここしか雇ってくれない…と思っていてはそこでやはり賭けられません。
そうそう簡単に進退を賭けるよりはきちんと理解を得て調整していきたいとは思うものの、いざというときにはそれだけの覚悟が出来るように、自分の価値も高めておきたいと思っています。

となれば次は今の仕事をしながら自分の価値(社内の価値ではなく市場価値)を高めるにはどうすればいいのかが課題となります。
ここは模索中です。手近なところで考えられるのはコンプライアンス関係の資格を取るか、英語の勉強を再開するか、なのですが…。どうも具体的な形が見えてきていません。

遊びでいえば。
スタートレックは、今年は待ちに待った新作映画公開の年。日米同時公開ではないので、事情が許せば公開日にグアムまで行って見て来たいです。
ダイビングは会社の人達と夏に何度かでかける予定。
ゴルフの目標は120(英検にたとえると3級ぐらいかな)
お酒は昨年来の減酒を継続します。やめるつもりはありませんけれど。
本と漫画とインターネットは、まあ生活を犠牲にしない程度に。

遊び以外のプライベートでいえば…。
うーん、親も自立しているとはいえやはり年齢も年齢なので、親の将来のこともにらみつつ私も自分の人生も設計していかないと、というところでしょうか。

一般的にいってそろそろ人生も守りに入っていい時期かもしれません。というかいまだにこんな好き勝手をして生きているのは少数派なことでしょう。
でも、いい加減なことをするという意味ではなく、やはりいつになっても挑戦は忘れたくないものです。
しない後悔よりして後悔。

というわけで、何が抱負なんだか意味不明ですが、今年も迷いながらも努力を続けて行きたいと考えています。どうか今年の年末に「がんばった1年だった」と思えますように。
posted by ひかり at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしく一緒に遊んでやってください。

おお、偶然。私の抱負のひとつも、コンプライアンスの勉強なんです。とはいえ、ひかりさんの方がすでに勉強が進んでいるような気がします。郷原信雄氏の本など、ひかりさんはきっと読了済でしょう。良い本がありましたら教えてください。
ちなみに、私はカタカナ語は好きではないのですが、法令遵守という訳語は違和感があります。悪法を遵守させて弱きが叩きのめされるという昨今です。
Posted by くりまんま at 2009年01月03日 16:56
くりまんまさん

こちらこそ今年も宜しくお願いします。

complianceという言葉自体は「遵守」に過ぎないわけで、何を遵守するのかは解釈次第ともいえます。昨今はあまり「法令遵守」とはしないようです。法令を遵守するなんて、自然人であれ法人であれ当然のことなわけで、新たな概念を持ち出す話ではないということなのでしょう。
では何を守るのか、ということになると、倫理(道徳ということではなくビジネスエシックス)を含むとして「倫理法令等遵守」とするのがもっとも一般的ではないかと思います。

悪法の遵守については、私は多少違う考えを持っています。悪法かどうかということを一個人や企業、団体が判断してしまってはそれこそ無秩序状態になってしまいます。悪法かどうかというのは民主主義の過程の中で判断され是正されていくべき問題ではないでしょうか。
なので、私はコンプライアンスは法令の遵守を含むのは当然であると思います。

たまにはこんな話もしてみたいですねー。あの会の趣旨とは外れてしまいそうですが。
とりあえず次回は「ファンタジウム」持っていきますね。
Posted by ひかり at 2009年01月04日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112053593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。