2009年02月17日

エレベーターの光景から

今の勤務先は自社ビルではないので、いろいろな会社の人がエレベーターに乗り合わせます。

中にいるんですよね。
たいていは恰幅のいい年配の男性で、えらそーにふんぞりかえって、ドアが開くと必ず自分が人を押しのけるようにしてでも先に乗降する人。

きっと社内ではエライ人なのでしょう。社内の人と乗り合わせたのであればまあ下位のポジションの人間が上位のポジションの人間に順番を譲るのはある程度は当たり前といえると思います。(というか海外帰りの役員などは女性と乗り合わせると先を譲る習慣がついているようで、これをされると却って微妙なことがあります)
だけど会社の地位なんて会社の中でのみ与えられているランクなのに、どうして無関係な人と乗り合わせているエレベーターでまでエラそうなんですかね。

ちなみに私の勤務先の役員と乗りあわせることがたまにありますが、そういう態度を取っているところを見たことがないのは、ちょっと嬉しい点だったりもします。
社長だって無関係な会社の人には普通に順番譲ってますもん。いえまあ、それが当然ではあると思うのですが。

ところで会社の地位なんて会社の中でのみ与えられていると書きましたが、これは当然業務を効率的に遂行するために与えられた地位なわけです。その業務を行う上で適任と思われた人がそのポジションにつくだけです(ま、現実にはそうでなくて社内政治とか人間関係が絡むことも多いですが、あくまで考え方です)。

なのにここでも勘違いしている人が多いですよ。
会社での地位が上であればエライと思っているのでしょうか。ポジションが下の人には業務と無関係なことでも無茶を言っていいと思っている人、業務にかこつけて無茶なことをいう人、無茶だと認識しているくせに逆らえないだろうという悪意で無理難題を押し付ける人。

会社は仕事をして給料をもらう場所と思えば、どうして気持ちよく働ける環境を作ろうと思わないんでしょう。
別段仲良しクラブになる必要はないですけど、何も悪意をもって人をいじめることはありません。

会社での役職が上っていうだけでなんか勘違いしている人多いよな、としみじみ感じることが最近多いです。しみじみというより腹が立つことも多いです。まったく、血管切れそうですよ。
posted by ひかり at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114363770

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。