2009年02月22日

再び試験の季節です

2009年冬のNYS Bar Examもまもなくです。
仕事をしながら日本から渡米する受験生もこの週末には到着でしょうか。

私が3年前の冬のアルバニーで受験したときは乗り継ぎで足止め喰って大変でした。
着いてからも時差ぼけと孤独感とで泣きそうな気分だったっけ。

しかし久しぶりに公式サイトを見にいったところ、持ち込み禁止の品物にhighlightersがあったのはあれ?という感じでした。
私はもともと使わないので記憶は定かではありませんが、少なくともPMBRでは使用を奨励されたような。記憶違いかな。
しかし持ち込み禁止物に"weapons"があるのがさすがアメリカ・・・。日本だと意味するところは同じかもしれませんが、「危険品」と表記するような気がします。

私が受験したのはほんの3年前ほどですが、日本からの受験生はこの3年でも明らかに増えたと思いますし、私が聞く限りは受験を続けた方々は皆さん合格しています。(そりゃ受かるまで受けるのであればいずれ合格するのは当然という考え方もあるかもしれませんが、受験経験のある方なら受かると思わなかったら続けられない試験なのはお分かりだと思います)
今回受験される方々もがんばってください。

あと自分の経験から言うのですが、「日本から受験するのは不利」と思ったら損です。
そんなこと誰も考慮してくれませんし、それを承知で選んでいるのは自分です。
「不利」なんて自分の潜在意識に植えつける方が不利です。そんな受験に挑戦するだけの能力と条件が自分には備わっているのだと考えた方が頑張れます。
posted by ひかり at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 法律系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひかりさん、こんにちは。
今回から蛍光ペンが使用禁止になったのを全く知らず、1日目も2日目も使用していて、2日目の午後に試験官からhighlighter使っちゃダメよ、と注意を受け、「Really?」と聞き返してしまいました。前回まで使用可だったので、信じ難かったのです。(笑)
携行していい物、ダメな物、って変わるんですね。
Posted by ちえ at 2009年03月10日 10:23
ちえさん、こんにちは。

やっぱり蛍光ペンてOKでしたよね。
それにしても二日目の午後まで気づかれないとは、さすがアメリカの試験官(笑)。
出願方法も試験の仕組みも変わっていますから、携行品が変わるのも不思議はないのですけれど、なんか前回良かったものってそのまま次回も良いと思っちゃいますよね。
減点されたわけではなさそうなので良かったです。

別途メールします。
Posted by ひかり at 2009年04月18日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。