2009年06月29日

永遠のテーマ:冠詞

ここ3ヶ月ほど、本当に久しぶりにスクールに通って英語の勉強をしていました。

今日が最後だったので、先生に「何か私の英語で気づいたことがあれば一番大きな1点に絞ってぜひ」と言ったところ、冠詞だねと冠詞のレクチャーをしてくれました。

冠詞は日本人にとっては完全に理解することは難しいかもしれませんが、それでもそれを意識してきているだけに、まあまあのレベルでは使っているつもりの私としては、今更「可算名詞にはaかtheをつけるか複数形にする」と言われても、「知ってるよ。そうしてるじゃん」という感じ。

それで「私が必要な冠詞を落としているのは、何パーセントぐらいの確率ですか」と聞いてみたところ、「まあ、30%かな」と衝撃の答えが。

これだけ長年勉強して仕事でも使って、それでもまだ30%も落としているのか…。

昔、TOEICで900点をマークした友人が、「でもこれだけ綺麗な英語でも1割はわかってないってことなんだよな」と言っていたのを聞いて、そうか900点ていったところでそんなレベルなのかと思った覚えがありますが…。やっぱり外国語は難しいですね。
もうこの歳で外国語やってもなあ、とめげそうになることも多いです。そうはいってもやらないわけにもいかないのですが。
posted by ひかり at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122482448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。