2007年08月27日

英語処理能力

アメリカ出張中ですが、英語のほどは…。

うーん、母国語だとあまりこういう経験はないのですけど、英語の場合は以前から「自分なりによく話せる日と我ながら呆れるほど話せない日との差が大きい」というのがあります。

それを自覚しているので、英語を話す必要がある日は朝から英語のテレビを見たりして英語脳にしようと思っていたのですが、どうやらそうではない気もしてきました。
なんか英語の準備をしたり英語に漬かったりした方が自分が話すのはうまくいかないような。

もしやこれって、私が一日に処理できる英語の量というのは決まっていて、聞く方とか準備で使ってしまうと、もう話す力は残らないのかな、と結構本気で思い始めています。
posted by ひかり at 10:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、必要に駆られれば、話せますよ、たぶん。

もっとも、話す必要がなければ、無理にがんばらなくてもいいかもしれませんけど。
Posted by yozo at 2007年08月28日 22:00
yozoさん

必要に駆られる範囲では話せますよ(さすがに)。
ただ、そろそろcommunicativeというレベルは卒業したいな、と。
話って、必要な範囲でだけするものでもないじゃないですか。

お天気がよくて快適です。たまの海外は楽しいです。
Posted by ひかり at 2007年09月01日 06:13
こんばんわ、ひかりさん。
「わかる!わかる!」と思わず
声に出すほど同じ経験あるので書き込み
です(笑)
私も脳みそ疲労が溜まると急激に
英語力が落ちる気がしてます。その
大きな原因が寝不足。寝不足の日の
脳は、処理速度が一気に低下。しっかり
寝ると、こんな言い回しできたっけ?
ぐらい、最大限の英語力を発揮できます。
なので、ここぞという時はなるべく
寝る時間を多めに取るようにしています。
Posted by リリィ at 2007年09月01日 23:01
リリィさん、こんにちは。

ありますよね〜こういう経験!
そっか、睡眠ですね。あまり意識したことなかったですが、思い当たる節も少しあります。次は大事なミーティングがあるような場合は睡眠時間を十分取ってみようかな。といっても重要なミーティングなんてあると前夜は直前まで資料作ってたりする可能性高しですが。
考えてみれば母国語以上の負荷をかけているのですから、脳がいいコンディションでなければ十分力を発揮できないというのはもっともな気がします。
Posted by ひかり at 2007年09月04日 06:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。