2008年01月02日

右シフトキー


年末に原因不明の理由でしばらく右手を痛めていました。
(原因不明というと知人は揃って「酔っ払ってぶつけたんじゃない?」と失礼なことを言いましたが、年末は飲む回数が多かった分飲む量はセーブしているのでそんなはずはありません)

これが不思議な痛さで、特定の動きをするときだけ痛いのです。
仕事上キーボードを触っている時間が非常に長いのですが、普通に入力できるのに、なぜか右シフトキーを押すときだけ激痛が走りました。なのにエンターキーを押してもなんともないんですよ。
大して変わらない動きのはずなのに面白いものです。

で、飲み会の席で私が湿布をしていたことからその話になり、「それがエンターキー押しても痛くないのに右シフト押すと痛いんだから不思議ですよね」と言ったところ、一緒にいた人が「え、何で右シフトキーなんて使うんですか?ひかりさん右利きですよね?」と言うじゃないですか。
「え、右利きとかって関係あるの?だって、シフトキーだよ」と私も何を訊かれているのか分からなかったのですが、彼女曰く「右シフトキーというのは左利きの人が使うんだと思ってました」だそうです。
それならリターンだってバックスペースだってエスケープだってタブだって両側にないと変じゃない?と言ったところ、「じゃあ右シフトキーは何に使うんですか」と言われ、「だって左側の文字打つときに大文字だったら右でシフトするでしょ」というと、「大文字って滅多に使わないでしょう」と。
言われてみれば日本語を打つ限り大文字小文字は関係ありません。
じゃあびっくりマークはどうやって打つのときくと、左手で左シフト、右手で1を押すのだそうです。
不便な方法ですが確かに感嘆符なんてそうそう使うわけでもないですし用は足りることでしょう。

まあタイピングのクセは人それぞれですから、それはいいのですが、驚いたのはその場にいた人の半分ぐらいが「私も右シフトなんて使わない!」と言ったこと。
お互いびっくりしてそれぞれの共通項を探したところ、右シフト使う派は全員何らかの形でタイピングを習った(タイピングソフト含む)人、右シフト使わない派は自己流に覚えた人達でした。
(ついでに言うとこれは「入力を習って覚えた世代」と「自然に触って覚えた世代」の差でもあります。)
ということはもしかして、日本語の場合はむしろ右シフトというのは使わない方が動きとしては自然なのかななどと思ってしまいました。

なんかこうやって書いてみるとどうでもいいことですが…。
個人的にはとても驚いた出来事でした。
posted by ひかり at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
ひかりさんのお正月はいかがでしたでしょうか?
記事を読んだ後にキーボードをよく見ると、私のPCは確かに左シフトキーの方が
大きいですね。初めて気がつきました。
書くまでもないですが、私はどっぷりと『習った世代』です。
今年もよろしくお願いします。
Posted by DORA at 2008年01月04日 21:06
あれぇ?どうしてコメントが入らなかったのかしら…。
私も右シフト使いますよ。今はなき英文タイプでしっかりと訓練しましたから。英文タイプ、好きだったんですけれどね。あのカチカチ感が。そうそう私もなぜか、「!」マークは左シフト+右手人差し指です。
私も最近入力の仕事をしているせいか手が痛いんですよ。手に優しいキーボードが欲しいですね。でも高いんですよねぇ。
私はひかりさんと逆でよく左手の小指とその付け根が痛くなります。これはやはりシフトキーのせいだと思います。Caps LockキーよりもShiftキーが上についていてくれた方が私にはありがたいのですけれど。
Posted by kbt at 2008年01月05日 03:26
DORAさん

こんばんは。私はお正月はだらだらと何も建設的なことをすることなく過ごしてしまいました。
DORAさんは有意義なお正月を過ごされたのでしょうか…(そうだとしたらうらやましい)

確かに私のPCもサイズ的には左シフトの方が大きいです。でも横に長いだけなので、実際に使う上では別段使いやすさに差はないですが。
DORAさんも私も英語を打つ機会があると思うので、習った世代でなかったとしても右シフトは使いますよ。英文打つときには大文字小文字の使い分けが必要ですから、左側の文字打つときにいちいち左シフトでは大変ですもんね。

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Posted by ひかり at 2008年01月05日 17:06
kbtさん

コメントはいらなかったですか。何ででしょうねえ。私も実はリンクの設定がうまくいかなくて困ってたりするんです。長いこと使っているブログなのにいまひとつ使いこなせません。
私も入力の仕事をしたことがありますがそのときは肩がこりました。それは100均で買ったアームレストでかなり楽になりましたけど。
ファンクションキーは自分で割り振りを変える設定が出来るときいたことがあります。特定のキーを変えたいとお考えでしたら試してみられては?

私も最初は英文タイプでした。あれはスペルチェックがないのに加えて改行のタイミングを見ながら打っていったり、単語を分ける場合は正しいところで分けないといけなかったりと、ワープロよりも頭を使ったような気がします。修整も目ホワイトかけたりしてめんどくさかったですし。
わー、懐かしい。
Posted by ひかり at 2008年01月05日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。