2008年01月28日

れーしっくを受けるなら

私自身も友人がやったというのをきっかけにレーシックの決心をした口ですが、私が受けたというと回りにも「受けたいんですよね」という人が多いです。

まさか私のブログで手術を決心する人もいないとは思いますが、一応言っておきます。

レーシックをなめてはいけません。

私があまりにも脅えていたせいか、レーシックを知っている人は口々に「簡単な手術だから大丈夫だよ」と言いました。
で、怖がりなくせにそういうのを信じちゃったんですね〜。

でも考えてみたら眼の手術なわけですから。それなりに大変な手術です。
昨日は病院の予約が9時半、手続きや待ち時間が長かったとはいえ病院を出たのは1時過ぎ。実に3時間半かかりました。
しかも病院が勤務先近くだったこともあり慣れた道なので当然のように一人歩いて駅に向かい電車で帰ったのですが…。
やはりこれは無茶でした。眼は開かないし頭ばぼーっとしてるし、気分が悪くなってきて電車ではほとんど気を失っていました。今になってみればタクシーで帰ればよかったと思うんですけど、そのときはそんなことすら思いつきませんでした。
家に帰ると倒れるように昼寝、起きて目薬を差して夕寝、ご飯を食べて夜寝、それなのに11時前には寝てしまったのでかなり疲れていたんだと思います。

というわけで今から手術を受けようと思っている方、手術日ぐらいは誰かに一緒に帰ってもらうかタクシーで帰ることをお勧めします。

更に翌日は仕事が休めるといいですね。
私は今日は普通に出勤したのですが、UVカット用のサングラスはうっとおしいし、3時間毎の目薬と1時間毎の目薬と30〜1時間毎の目薬と食後の飲み薬を使わなくてはならず、なんだか薬ばかり気にしていたような気がします。
posted by ひかり at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひかりさん、こんばんは。
シロさんに、「!!」と言われているのですが、嫌われているのでしょうか?
それはさておき、れーしっく手術、お疲れ様でした。もう新しい環境には慣れましたか?下の記事に書いておられたインフォームド・コンセプトは、手術そのものの説明は詳細なのかもしれませんが、術後の注意については説明がなかったのですね。
それでは、全てを説明したとは言えない気がしますよね。
Posted by DORA at 2008年02月03日 00:15
「!!」ならもしかして嬉しくて嬉しくてという状態かもしれないじゃないですか。私なんか「誰?」ですよ(怒るべきか泣くべきか)

えーと、実はクリニックは「手術の日は出来ればどなたかにお迎えに来てもらった方がいいですよ」と言っていました。通いなれた道だし大丈夫とナメたのは私です。
ただ、確かに術後の症状については説明が不十分じゃないのと思った部分もありました。私は手術の翌々日、朝起きたらほとんど見えなくてパニクったのですが、クリニックで訊いたら「ドライアイの症状ですね」だそうで、確かに手術前に「術後ドライアイが出ることはあります」とはいわれてましたが、「ドライアイで視界が白濁することがあります」と言ってくれなきゃ分からないよ、と思ったのでした。
実はまだ結構苦労しています…。
Posted by ひかり at 2008年02月03日 11:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81123199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。