2008年02月15日

リーダーの条件

なーんて、表題から想像されるような立派な話を展開するわけではありません。

この前父から「大統領選、あんたはどうなの?」と訊かれました。「別に」とそっけなく言うと父は「オバマさんの演説は歴史に残るような名演説らしいし、あんたなんか原語で分かるんだから(←完全な買いかぶり)聞いてるのかなと思って」だそうです。

すいません。そんな観点で見てませんでした。

私が興味を持っていたとすれば、アメリカは黒人大統領を選ぶのか女性大統領を選ぶのかという点で。もちろん政治家は本来的には政策で選ばれるべきですよね、自分と同じ人種だからとか自分と同じ性別だからとかではなく。

閑話休題、私が相変わらず見続けているスタートレッ クについてです。
私がスタートレッ クをとても好きな理由のひとつに、このシリーズはとても真面目に(アメリカの)社会問題に目を向けて真摯に問題提起をしているという点があります。そのためSFであり舞台が未来の宇宙であっても実にアメリカ社会の縮図(理想化されている場合もあるにしても)であるわけです。



一口にスタートレ ックといっても実はいくつものシリーズがあるのですが、このうち作品内時系列と製作年時系列が一致している4つのシリーズのリーダー(船長、艦長、司令官等)は、
60年代製作第1シリーズ 白人男性
80年代製作第2シリーズ 白人男性
90年代製作第3シリーズ 黒人男性
90年代製作第4シリーズ 白人女性
です。

なにも一番組をもってアメリカ人の意識の変遷とはいいませんが…でもやっぱりそうかな、と思います。
アメリカの強者は白人男性。で、「弱者」であるマイノリティと女性を比べた場合、人が「上」に立つことを認めるのはマイノリティの男性で、女性はあくまでその後かと。マイノリティといっても黒人とアラブ人と日本人ではまた違うでしょうが。
次のシリーズが作られるとしたらリーダーは黒人女性でしょうか。とはいえライス国務長官を見る限り、まだまだアメリカ社会も黒人女性をリーダーとして認めることに抵抗があるのではないかと思うのですけど。

私は日本では女性という「弱者」側であり(あえてこう分類します)、アメリカに行けば女性である上に外国人でマイノリティです。なのでアメリカにいるときの方が不利益な要素は多いのですが…。なぜか疎外感、差別感を感じるのは日本の社会での方が強いのです。(ただし、私はアメリカでは本当の意味で働いたことがないことは付け加えておきます)

今所属する課の課員は男性課長を含め総勢10名。うち女性4名。
ところが重要な業務に関するミーティングを行うときには突然出席者は総勢7名、うち女性は1名(私だけ)になるのです。
課長の上の部長も男性、役員も男性です。

新卒の男の子と女の子が入ってきたとして、男の子は「勉強がてら」といろいろな業務を教えてもらい、会議や外出につれていってもらいます。女の子は「まず庶務が基本」と伝票の処理や会議室の手配、お茶だしを教えられます。
当然2,3年もすれば出来ることに差が出てきて、そして「している業務が違うから」と給料が違っていくんですよね。

ふう。
アメリカの大統領選の話で始めましたが、身近な失望話になってしまいました。
私自身はトップに立ちたいわけでもなければトップの器でもないのは自覚しているのですが(どちらかというとブレインとか側近とか呼ばれる立場が一番力を出せるのではないかと!)、女性であるというだけで上に立つことの欠格要素となるような社会は変わって欲しいとつくづく思います。

そして女性のくせに(とかマイノリティの分際でとか)がなくなってこそ、そういうカテゴリで指導者を応援するのではなく、本当に政策で選びたくなるのではないかと考えています。
ま、いずれにせよアメリカ大統領に関しては私に選挙権はないのですけどね。
posted by ひかり at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>なのでアメリカにいるときの方が不利益な要素は多いのですが…。なぜか疎外感、差別感を感じるのは日本の社会での方が強いのです。

あぁ、、、、これ、本当に本当に、よくわかります。
私もアメリカに居るほうが(ほんの1週間でも)気持ちが楽です。日本にもアイヌ民族や、沖縄の歴史があったり、単一民族と思っていてもそうではないんですけど、、、「基準外」に対して不寛容を感じます。でも、それも仕方がないのか、、、とわかる気がするのは自分も日本人だからでしょうか。
なるべくいらぬ戦いをせずに、みなが自分を発揮できる社会を夢見ます。
Posted by ひろ at 2008年02月18日 15:22
>なるべくいらぬ戦いをせずに、みなが自分を発揮できる社会を夢見ます。

ほんとに。そもそもスタートラインに立つためにいらぬ戦いをせねばならないのではスタートするときに疲れてしまてちますからね。
別にみんなががつがつと争えというのではないんですけど。
Posted by ひかり at 2008年02月20日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。