2008年03月12日

カルチャーショック

成田とJFK(ニューヨークの空港)の往復とかなら出張も面白そうなのに、最近の出張は関西ばかりです。特に年明けからは新大阪に行くことが多く、もはや東京にいるより大阪にいる日の方が多いぐらいです。
とはいえ目的は仕事ですから。
「だいぶ大阪にも慣れたんじゃないですか」と訊かれ、「移動は慣れましたけど、せっかく大阪に来ても大阪城も見てなきゃお好み焼きすらろくに食べてないんです」と言ってみたところ、その晩はお好み焼きに行くことになりました。
らっきー。

で、とりあえず生を飲んでいると目の前の鉄板にお好み焼きが置かれたので、ちょっとぐらいマメなところを見せてみようと、いそいそとお好み焼きを切り分けてみました。
まずは華麗に縦に一直線。
続いて果敢に横に一直線。
「あーっ、何それ!」と言う声が上がったのには気づいたのですが、そのまま
左から一気に斜めに一直線。
返す刀で右から斜めに一直線。

美しく切り分けられたお好み焼きを目の前に、他の参加者から大ブーイングが起こりました。
「それ、ピザ切り!お好み焼きはそんな風に切らないから!」

という彼らが2枚目を切る方法を見てびっくりです。
「そんなのチヂミ切り!お好み焼きそんな風に切る方が変!」
と反論してみましたが多勢に無勢、かないませんでした。

エスカレーターで通行側と停止側が逆なのにはすっかり慣れたんですけどね。
posted by ひかり at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エスカレーター逆なんですよね。
私は関西出身で、新神戸駅近くで働いていましたが、エスカレーターや駅でよく旅行客が戸惑っていました。

なぜ逆なのか、については諸説あるそうですけど、一説によると大阪万博、だそうです。左右差は、交通ルールの追い越し車線の考え方から来ているとかで、万博のときに外国人客を見込んで、アメリカ式が呼びかけられ、それ以来関西は右停止式が浸透したとか、、、。ホントかなぁ?
でも、アメリカへ行くと、好き放題に止まったり歩いたりしてるように見えますけどね。

お好みは私もチヂミ切りにしますよ〜。
Posted by ひろ at 2008年03月13日 09:57
お好み焼きのチヂミ切りはびっくりしました。ピザ切りの方が同じ大きさに分けられて合理的だと思うんですけど。
お好み焼き定食とか、たこ焼きが各家に1台とか、大阪にはカルチャーショックがいっぱいです。

エスカレーター、私も諸説訊きました。万博説も聞いたことあったかも。でもいまひとつ「なるほど!」というのがないような気がします。
Posted by ひかり at 2008年03月15日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。