2008年05月07日

another planet

2008GW旅行 039.jpg

LA近郊にあるcounty parkで、Vasques Rocksというところの写真です。
この写真だけ見ても異様な風景だと思いますが、これはスタトレの中で繰り返しいろんな異星として撮影に使われたところ。
特徴のある形だけに認識もしやすく、実物を見たときは感激でした。


いざとなればタクシーで行こうと思っていたものの、現地のファンが乗せていってくれるというのでお言葉に甘えて乗せてもらいました。
(後で聞くところによると彼女は私達をつれていってくれた前日にも別のファンを同じ場所に案内したそうです。ツアコンでもないのにごめんなさい)

あそこは何のエピソードのどのシーンで使われたところだ、と探しながら、西海岸の厳しい日差しの中、飽きることなく歩き回りました。
このとがった岩はその気になれば結構上れるようで、普通の服装で上っている人たちも見かけました。
ただ滑りやすいので、靴はそれなりのものでないと危険だと思います。

これ、この場所が使われた代表的なエピソードとして、ここで爬虫類のようなエイリアンとカーク船長が戦うという話があります。
あまりに迫力のない格闘シーンと着ぐるみ感丸出しのエイリアンで笑いのネタとなることの多いエピソードなんですけど、この話の本当の見せ場はそのメッセージ性です。
命を賭けた戦いの末、ぎりぎりのところで勝利を目前にしたカーク船長は相手を殺さないと宣言します。
そう書くと「へ?それが?」という気がするかもしれないですけど、60年代後半のアメリカで、軍艦の船長(作品内でそういう呼ばれ方はしていませんが強力な武力を有する船の交戦権を持つ最高指揮官なのは確かです)がそういう選択をする話というのが…。

アメリカは軍事力を正とする国だという印象があるのですが、こういう話を見るとそう言い切ったものでもないかな、と思うのです。
posted by ひかり at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。