2006年12月03日

好きこそものの上手なれ

1月ほど前に突然昔のアメリカのテレビシリーズにはまり、なかなかレンタルもない作品なものですからDVD全巻セットまで買って連日連夜みまくっていました。

続きを読む
posted by ひかり at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

ピカソの絵はいくら?

日本在住のアメリカ人と話していたときのことです。
ピカソの絵の話をしていたところ値段の話(150万ドル)でお互い詰まりました。
彼女は日本語ぺらぺらですが(私との会話もほとんど日本語)、「大きい数になると分からないんだよね」というので、「そうそう、私も大きい数の英語っていっつも混乱する」と答え、2人で大きい数の話を始めました。前も書いたことあるかもしれないですが数って本当に分からないんですよ(日本語ですら)。

続きを読む
posted by ひかり at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

小さな違いで大きな違い

先日、英語学習本の帯だったかレビューだったかで、「ドアをノックする」を英訳する場合、日本人の多くは"knock the door"とするが、これではドアをなぎ倒すみたい("knock the door down")のような感じになる、ネイティブであれば"knock on the door"とする…というような文章を読みました。
へえ、なるほどねと思ったものです(私なら"knock the door"としたでしょうから)。

続きを読む
posted by ひかり at 01:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

納得できない

先日書いた"half a millionというのにどうしてquarter millionなのか?”はとりあえずネイティブに訊くという方法で解決しました。

quarter milliionはok.
quarterに冠詞をつけたいのであればquarter of a millionというのだそうです。またはa quarter millionであれば可能とのこと。でもquarter a millionとは言わないそうです。

ふ。わけわかんね。

ついでにこの話のときに話が逸れそうになったので"Speaking of numbers..."と話を戻してみたところ"Coming back to numbers...”と直されました。どっちだって同じじゃんと思いましたが、speaking of というのはその時点から先の話題に持っていく場合、Coming back toというのはそれまでに話に出て終わった話に戻る場合だそうです。
なるほどね。

というのはまあ用法の話なので覚えるほか仕方ないですが、今日の標題の「納得できない」は別の話です。

続きを読む
posted by ひかり at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

数字

本を読んでいたら、CAの裕福な家出身のやり手のビジネスマンが収入を訊かれる場面がありました(経緯によりここでの答えは正直なはずです)。
"quarter million"と答えているので、これは100万の4分の1、つまり25万、そうするとあれ?日本円にすると300万弱?と首を傾げました。年収300万でCAで生きていかれないとは思いませんが、金持ちという設定にはあまりにも反するのではないかと。
よくよく考えてみると(というか普通の人なら考えるまでもなく)25万ドルというのは3000万弱でした。
これはもはや英語の問題というよりは、小学生の算数ですね。一層情けない。
この直前に保釈金として100万ドルと書いてあったとこでは1億強か、高いもんだ…と思ったのに(言い訳にならないですが)。

続きを読む
posted by ひかり at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

英語を読む速度

先月読んだ洋書を数えてみたところペーパーバック8冊。1冊450ページ平均として3600ページ。1ページ300語として1,080,000語。
うーん、こうやってみると大した量じゃないですか。
所詮ミステリやSFなどのエンタメ系統をしかも辞書も使わず読み飛ばしているだけとはいえ、これだけの量を読めば少しぐらい読むのが早くなってもいいかと思ったのですが、どうやらそう甘くはないようです。

続きを読む
posted by ひかり at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

分からない単語

洋書でもエンタメ系統を読んでいるときは楽しめればいいので、いちいち分からない単語を引いたりはしません。
なので知らない言葉があるのは仕方がないのですけれど。

続きを読む
posted by ひかり at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

一番最初に覚える英語

「日本人が一番最初に覚える英単語」と言う記事を見ました。
hello, apple, pen...
と続いています。

続きを読む
posted by ひかり at 21:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

洋書選びの基準

ペーパーバック読破サイトのようなものを読んでいたら、「(洋書を買うとき)読める本を選ぶか読みたい本を選ぶか」というアンケートがありました。

続きを読む
posted by ひかり at 00:09| Comment(6) | TrackBack(1) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

自画自賛

昨夜、用事があって英文メールを書きました。
面識のない人に、しかもお願い事という、ある意味書きにくい類のメールだったのですが、書き上げたメールを読み返してしみじみ。
なんか、大人っぽい英語だよ(←自己申告)

続きを読む
posted by ひかり at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

何かいい練習方法は

今日は英語に行ってきました。
今日の先生は既に3度目だったので、そろそろ欠点もちゃんと指摘してもらおうと、授業の最後に1.私の弱いところ、2.その克服方法、について教えてと言ってみました。

続きを読む
posted by ひかり at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

苦労したのに

文法の定番問題にdiscussはその後に前置詞を取らない、というものがあります。もうどれぐらい定番かというと中学校の期末試験からTOEICまで出るようなものです。
受験を経験してきた私も当然知ってはいましたが、それでも感覚的になじまず、大人になってから行った語学学校の先生達にも何度も直されました。何でも反復練習、おかげで今は意識せずともきっちり使えるようになったのですが。

続きを読む
posted by ひかり at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

ダメ!その英語〔ビジネス英語〕

講談社パワー・イングリッシュ。連東孝子著。

日本人英語NG集という、ありがちなコンセプトの新書のようですがこれが面白い。
ビジネスで多少の英語を使っている人が対象だと思うのですけど、にやりと「あるある」とか「昔間違えたよねえ」とか「へー、今度使ってみよう」とか「えっ、そうだったの!」とか。

続きを読む
posted by ひかり at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

単語と時代

以前書いた英会話スクール、時間をみては通っています。

今日「オンラインよりもお店で買うもの」という話になり、服はお店の方が多いかな、似合うかどうか確認したいから、という意味で"...to see if it becomes me."と言ったところ、先生は一瞬笑って"to see if it suits you."と訂正しました。

続きを読む
posted by ひかり at 00:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

学校見学

プライベートレッスン形式の学校の見学に行ってきました。

プライベートレッスンとしては安いだけあって、システムはあまり整っていないし、設備はお世辞にも褒められたものではないし、先生もネイティブなだけでバイトです。
ただ私としては英語をきちんと声に出して話す機会を作りたいだけなので、それで十分かなと思い、そこにすることにしました。とりあえず近いし。


続きを読む
posted by ひかり at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

渡米中の英語力

試験勉強中から教材のリスニングや問題のリーディングは速くなったなと感じていました。

いざ今回、前回から半年ぶりに渡米してみて。

続きを読む
posted by ひかり at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

ストウハ

先日Real Propertyの授業を聞いていたときのことです。先生の言った「ストオォ」という単語が何だか分りませんでした。
なんていったの?と思って注意して聞いていたところ、続けて今度は「ストオォ・マン」と言ってくれたのでstraw manのことかと理解できたのですが。

続きを読む
posted by ひかり at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

教育の差なのか

アメリカで生活してよくいらいらすることの一つは「何でアメリカ人て人の話を聞かないんだろう」ということがあげられます。

続きを読む
posted by ひかり at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

英語の読解力

最近英語を読むストレスが格段に減ったおかげで、読書も原書を楽しんでいるということは以前にも書いたような気がします。

今通学のお供にしているのは短編集ですが、その中の1話がとても気に入りました。
私は分からない単語や分からない表現はあまり気にせず読み飛ばしていることが大半なのですが、この話の中で出てきた分からない文章のうちの1箇所が気になったので、帰り道本屋に寄って翻訳を確認したのです。

大ショック。

続きを読む
posted by ひかり at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

やらないよりはマシだと思いたい

いつからやっていたのか既に記憶も定かではないボキャビル本"Instant Word Power"、最後までたどり着きました。

続きを読む
posted by ひかり at 00:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。