2005年07月09日

付加疑問文

付加疑問文について、Someoneが主語の文章の付加疑問文をtheyで受けるのはどうして?という記事を読みました。(詳しくはこちら

続きを読む
posted by ひかり at 02:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

電子辞書

普段自宅で勉強するときにはオンライン辞書に頼っていることが多いのですけど、最近やっと電子辞書を購入、使い始めています。

これが意外とといっては何ですが、予想以上というか期待以上に使い心地が良いのです。

続きを読む
posted by ひかり at 00:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

歯噛みする思い

超口惜しい。

ここ数日、アメリカの本社から法務部門のおエライさんが来ています。
ま、おエライさんなので基本的には上司が対応しているのですが、そうはいっても法務は小さな組織なので顔を合わせる機会やお供をすることはあります。
今日はメンバーと一人ずつ(といっても上司を除くと二人しかいないんですけどね)ミーティングをするということになっており、私も話をしてきました。

続きを読む
posted by ひかり at 02:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

どっちがどっち?

英語で「何かをする人」を"--or/er"とし、「何かをされる人」を"--ee"とする単語は結構あります。
法律なんて権利と義務の塊みたいな分野ですからやたらこういう単語が多いです。grantorとgrantee、promisorとpromisee,employerとemployeeなんていうのもそうですね。

抵当権という言葉はmortgageです。
では、AさんがBさんに土地を担保(抵当権)に融資しましたという場合、Aさんを表す単語、Bさんを表す単語はそれぞれ何でしょう?

続きを読む
posted by ひかり at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

電子辞書

えへへ、電子辞書前から欲しかったんです。
というかまだ持ってなかったのかという感じですが、学校の試験では電子辞書禁止、家ではオンライン辞書ということで、実は持っていませんでした。ペン型で単語をなぞるだけで訳語を表示してくれるという辞書は持っていますが(クイックショナリー)、いまひとつ便利なような不便なような微妙なあたりで、大量の宿題のための速読をしていた頃を除いてほとんど使っておりません。

続きを読む
posted by ひかり at 01:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

誉め言葉

卒業に伴い、入学の推薦状を書いてくださった方々にお礼の報告をしています。
推薦者の一人はアメリカ人弁護士です。
卒業の報告をしたところ、彼からの返信は…。

続きを読む
posted by ひかり at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

語彙力推定

語彙力推定テストなるものを目にしました。
国語辞典を元にしたテストで3種類用意されていますが、所要時間は各1,2分。

続きを読む
posted by ひかり at 08:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

進みません

今夜も予定の範囲が終わらない…どころか半分といったところです。斜め読みなのに。

やっぱり一番のネックは単語です。
たとえば昨日の範囲はWill & Adminitration of Estateという科目で、読めれば日本の相続法との比較や類推で覚えやすい部分も結構あります。
ですが単語が分かりません。

こういう「分からない単語」は3種類に分類できます。


続きを読む
posted by ひかり at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

スピーチのドラフト

スピーチのドラフトを日曜の夜に先生に送付しておきました。英語的な怪しさを直してくださいという下心があったのはもちろんですが、いざ考え出すとスピーチの内容にも自信が持てなくて。卒辞なんて小学校以来ですし、大人になってからのスピーチなんて結婚式ぐらいですし。

そのまま黙殺されていたのでこれはもしや私へのスピーチは無理だと思って他の人を当たっているのかもと思いました。だってこの先生、論文の指導教授でもありますが私の箸にも棒にもかからない論文でさえ速攻お返事くれる人でしたから。とはいえ確認ができないのも落ち着かないので今日返事がなかったら電話しようと思っていたところ(←未だに英語の電話が苦手なのでぎりぎりまでしたくない)、今日返信が来ていました。
目論見どおり英語自体は添削していただいており、内容的なコメントとしては"just fine"とのこと。

fineって、どういう意味なのと思いながら頭をよぎったのが以前も書いた「"good”は『良い』ではない」という話。誉め言葉のインフレが起きている英語では、goodとかfineは誉め言葉ではないと捉えるべきでは…と思うとやっぱり少し凹んでしまったのでした。
結局泣き言みたいなスピーチ(いかに大変でいかに脅えたかを書いてしまった)だったのがいけないのかしら。一応「大変だっただけにそこでであった人達の親切が身に染みた」とか(「身に染みた」なんて英語使ってませんが)、「その中で得たものは大きく、今後に生かしていきたい」みたいなもっともらしい台詞でまとめてあるのに。駄目ならむしろ「こうではなくてもっと云々」と具体的なアドバイスくれれば私だって考え直すのにと思います。でももう思いつかないのでいいですこれで行きます。

相変わらず英語は綺麗な添削をしてくれていました。論文のときにも私の拙い英語がまさに生まれ変わったような論文的英語になったのに驚いたものですが、今回のように内容的には遥かにカジュアルなものですらやっぱり上手い人の手にかかると全く違うんだなと感心してしまいました。
posted by ひかり at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

オバケの英語

「オバケの英語」明川哲也/クレイグ・ステファン 宝島社 を読みました。

「楽しく読むだけで英語の発音が身につく奇跡のレッスン」という謳い文句についふらふらと引き寄せられたのです。
「食べるだけで痩せる!」とか「絶対儲かる株式」とかといった謳い文句を見ると、世の中そんなおいしい話はないよと疑ってしまう私ですが、自分の弱い分野になるところっと騙されてしまいます。
そんなことあるわけないでしょうと思いつつも我が家には「短期間」で「努力いらず」の「発音上達本」がいったい何冊あることでしょうか。

さてこの本はオバケが作家志望の英語が苦手な日本人留学生に英語の発音を教えるというストーリー仕立てになっています。
続きを読む
posted by ひかり at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

語呂合わせその2

先日、英語の語呂合わせもなかなかやるじゃんみたいなことを書いたような気がします。(5月22日付
暗記にはこじつけてでも何か覚えやすい方法をと思うのは万国共通の人情というものなのでしょう。

では、私の持つ教材では次の犯罪につきどういう語呂合わせを紹介していると思います?
burglary, arson, robbery, kidnapping, criminal sexual act, escape, aggravated sexual abuse, rape, or sexual abuse.

続きを読む
posted by ひかり at 23:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

子供の英語

日曜日に実家に顔を出してきました。15年ぶりに日本を訪れたカナダ人の友人が来ていたためです。
このカナダ人もともとは母が突然通いだした英会話学校の先生なのですが、そのうち家に遊びに来るようになり兄や私も含めて家族ぐるみでのつきあいになった人です。なので基本的には母の友人なのですけど英語の問題があり(母は英会話学校は半年で挫折)、兄と私が駆り出されたのです。

兄のところは一家で来まして、義姉の他に小学校2年生の姪と幼稚園年長さんの甥も一緒でした。
お祖母ちゃん(つまり私の母)に「会ったら"Nice to meet you."って言うんだよ」と教えられた二人、彼女に会うと親に促されるまでもなく喜び勇んで"Nice to meet you!"と元気一杯のご挨拶。
ひとしきり再会を喜び会ったところで彼女がお土産をみんなにくれたのですけれど、子供達にもプレゼントがありました。最初にプレゼントをもらった甥はママに「何て言うんだっけ?」と言われ(「ありがとうをいいなさい」の意味ですよ、もちろん)、自信満々"Nice to meet you!"
爆笑でした。

しかしまあ子供はすごい。
当然二人とも意味のあるセンテンスなんて作れないのですけれど、知っている英単語を言ってみたくてしかたないし聞いた言葉を真似したがります。もともと物怖じも人見知りもしない性格の子達ですが、それにしても知らない言語によくあんなに好奇心満々になれるものだなあと感心しました。
姪もいくつか色を知っていたのでそのカナダ人と色の名前を言い合っていました。それで途中で私が「ねえ、赤はなんていうの?」と聞いたら「Red!」という返事が返ってきたのですけど、これがまた見事にRを巻いているじゃないですか。思わずカナダ人と二人笑ってしまいました。上手だねと誉めたところ得意になって繰り返していたので、もうこれであの子はRの発音をマスターしてしまったかも。

今は私に「ひかりちゃん(とは呼んでいませんが)、英語上手いねー」と素直に誉めてくれますけど、サマーキャンプでも行くことがあれば発音なんか簡単に抜かされてしまうのでしょうね。
posted by ひかり at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

語呂合わせ

「なくようぐいす平安京」「いいくに作ろう鎌倉幕府」。
歴史のテスト前といえば語呂合わせで乗り切ったものでした。
大学受験の選択も世界史だったので、「いんさんれいさんアビニヨン」「一難五難のプラッシー」と今となってはよく意味も分からない語呂合わせにも励んだものです。

日本語は数字の読み方がいろいろあるせいか(「1」をイチと読むだけではなくてイと読んだりヒと読んだりできる)数字の語呂合わせが得意だと思います。平方根とか電話番号とかも語呂合わせのおかげで覚えられます。中にはかなり無理があるものもありますけれど。
英語はこういうのはないのではないでしょうか。電話番号にアルファベットを当てて語呂合わせのようにしているものはありますが、あれはそもそも電話のナンバー部分にアルファベットを振っているので、数字の読み方で語呂合わせにしているわけではありません。

ところがCriminal Law(刑法)の勉強をしていたところ、ある一定の重罪として"Mayhem, Rape, Sodomy, Burglary, Arson, Kidnapping, Escape, and Robbery"という罪があげられているのですけれど覚え方として"Mrs. Baker"となっているではありませんか。
これなら一発で覚えられます。

思い起こせば私も虹の七色は英語の"Richard of York goes battle in vain."(red, orange, yellow, green, blue, indigo, and violet)で覚えたものでした。
英語も数字の語呂合わせが苦手なだけで言葉の語呂合わせは結構あるのかもしれません。
posted by ひかり at 00:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

チップ

今週のビジネス英会話のトピックは「チップを渡す」です。

チップ…難しいですよね。これ本当に苦手です。
レストランでの食事とタクシーだけはなんとかマスターしたと思います。
ですが、これ以外は本当に駄目。

バーはドリンク毎に払うのと会計のときに払うのはどう使い分けるのでしょう。
レストランで送迎をしてもらったら運転してくれたお店の従業員にはチップを渡すべき?
ホテルのドアマンにタクシーを停めてもらったらチップは払うべきですか?

こういうのが分からなくて。
渡そうとして断られたり気を悪くされたりしたらかっこ悪いなあと思うとなかなか渡せず、払わないままにすませてしまって後でやっぱり払うべきだったんじゃないかとぐじぐじ思い返したり。
別にチップを払うことが惜しいわけではないのです。ただ、チップを渡すべきなのか渡さないべきなのか渡すならいくらが適当なのかというのの判断がつかなくていつも困ってます。
どうせチップといえども純粋なお礼ではないものが大半なのでしたら、いっそはっきり請求してほしいです…。
posted by ひかり at 23:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 語学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。