2006年08月27日

コフィン・ダンサー

「ボーン・コレクター」の続編、ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズ第2作「コフィン・ダンサー」を読みました。

続きを読む
posted by ひかり at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

ボーン・コレクター

映画化もされた作品で、サイコサスペンスというのかスリラーというのか。ミステリ作品です。
昔ビデオで見た覚えがありますが、とりあえず見ている間ははらはらするものの特に印象的な作品でもなく、原作を読んでみたいという気はしませんでした。

続きを読む
posted by ひかり at 00:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

花よりも花の如く

かつて「エイリアン通り」「サイファ」などアメリカもので一世を風靡した(言いすぎか)成田美名子の作品ですが、これは能役者の話で純和風。主人公もそれなりにこの世界では恵まれた境遇のようだけれど、天才だったり王子様だったりというのに比べれば極めて普通。ま、能役者なんて一般人からすればアラブの王子様と同じぐらい遠い人のような気はしますが。

続きを読む
posted by ひかり at 23:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

本までこの記憶力

昔から本が好きでしたが、子供の頃なんてそうそう本が買えるわけでもなく、新しい本を読み終わってしまうたびに「この本の内容を今すぐ忘れられればもう一度楽しめるのにな」なんて考えたものでした。

続きを読む
posted by ひかり at 11:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

訴えてやる!大賞

訴えてやる!大賞 本当にあった仰天裁判73 ランディ・カッシンガム ハヤカワ文庫

アメリカが訴訟大国であるというのは知られているが、そのためとんでもないものも多い。
「洗ったネコを乾かそうとレンジに入れたらネコが死んでしまい、飼い主は『ペットを乾かすためには使えません』と注意書きをしていなかったレンジ会社を訴えた」という話は日本の法務関係者の間では有名だが、どうやらこれは作り話らしい。
この話をしたことのあるアメリカ人弁護士数人はいずれも「実際にそんなケースは聞いたことはない」と笑いつつ、「でもいかにもありそうだけどね」と付け加えた。

続きを読む
posted by ひかり at 11:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

本でしょう

逆に帰国したら帰国したで時差ぼけで日中出かける気がしないのですが、家に積んでた本を読んでいます。



続きを読む
posted by ひかり at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

うそうそ(畠中恵)

今日はよく寝ました。起きたら10時、朝ごはんを食べてまた寝て、お昼過ぎに一度起きたもののまたお昼寝して、夕方やっと起き上がって買い物に行きました。

もうめんどいからコンビニですませてしまおうと思ったにもかかわらず、足を伸ばして隣駅までいったのは「うそうそ」が昨日発売だったため(隣駅までいかないと本屋がないという書店砂漠なのです)。

続きを読む
posted by ひかり at 23:23| Comment(8) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

博士の愛した数式

今更ですが読みました。「博士の愛した数式」(小川洋子)。

いや〜、面白かったです。

続きを読む
posted by ひかり at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

The Inimitable Jeeves

先日ご紹介した「それゆけ、ジーヴス」。
あまりの訳に脱力したのは書いたとおりで、でも話は面白かった…というジレンマから続きは原書を買いました。

続きを読む
posted by ひかり at 00:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

これでプロ?

以前から気になっていた本なのだけれどなかなか読むチャンスがなかった「ジーヴス」のシリーズに手を出してみました。
昨日買ったのは「それゆけ、ジーヴス」(P.G.ウッドハウス)。

続きを読む
posted by ひかり at 13:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

連載マンガ

今連載を読んでいる漫画は「テレプシコーラ」と「のだめカンタービレ」だけ。

テレプシコーラは6日が発売だったのだけれど、今月号はどうも…。自分が疲れているときに読む漫画ではないですな。絶え間ない不幸の足音が続いているというのは読んでいる方も消耗します。惰性で買ってしまいましたが。来月はもう少し救いのある展開にして欲しい。

その点のだめカンタービレは今号最高でした。現時点で14巻も出ている話ですが、その中でも自分的にはベスト3に入る回です。やっぱり才能が発揮されて人に分りやすく認められるというのがカタルシスですわ。

うーん、漫画も読みたい。試験が終わって帰国したらどこかで1日は漫画喫茶に行こうっと。
posted by ひかり at 22:07| Comment(6) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

次の本

バイトのおかげか?読書時間は普段より多いぐらいです。

続きを読む
posted by ひかり at 00:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

実話だったのか

今日は実家に顔を出してきました。
兄も来まして、兄と私は本の嗜好が似ているので最近の本話などをしていました。
兄のお勧めは「下流社会」。私もレビューは読んだことがあって気にはなっていた本です。
私が話題にしたのは「県庁の星」。ここのブログでも書いたことがありますが、地方公務員を題材にした小説です。

続きを読む
posted by ひかり at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

テレプシコーラ12月号<ネタバレ>

最近休載がなくて嬉しいです。
毎回描かれているせいかテレプシにしては順調な発売ペースで、11月22日に8巻が発売だそうです。

さて、今月号の展開と感想。

ネタバレ含みます
posted by ひかり at 22:19| Comment(8) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ロボットは死ぬのか?

The Robots of Dawn(夜明けのロボット)も読み終わりました。

この3部作、SFミステリの金字塔の呼び名の高い名作なのですが、その陰に隠れて(?)何度も持ち出されるテーマとして「ロボットは生きているのか」ということがあげられます。

"The robot who was killed?"(殺されたロボットかい?)
"Killed is a term that is usually applied to human beings."(「殺された」というのは通常人間に対して使う言葉です)

続きを読む
posted by ひかり at 00:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

「シリウス」(オラフ・ステープルドン)

動物と話せたらいいなと思ったことはありませんか。
動物を見ていて彼らは何を考えてどんなふうに回りを見ているのだろうと思ったことはないですか。

続きを読む
posted by ひかり at 19:40| Comment(9) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

女教皇ヨハンナ上/下(ドナ・W・クロス)

時は9世紀、女の役割は夫に仕えて息子を(子供を、ですらない)産むことだった時代、学ぶことが好きで父に隠れて兄に読み書きを教わった少女がやがて男装して修道院に入りひいてはローマ教皇の座にまで昇ってしまうという、公式には認められていないらしいものの史実に基づいているという話です。

以下、記憶ベースなので多少不正確かもしれませんが少々のネタバレあります。

続きを読む
posted by ひかり at 01:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜明けのロボット

夏に泣きそうになりながらも大量の英文を読み続けたおかげなのでしょうか。洋書を読むのが苦にならなくなりました。
分からない単語や表現は相変わらず多いのに。

White Fang(白い牙)を読み終わり、次は何にしようかな〜と思っていたところある読書ブログで目にしたのが「夜明けのロボット」。
アイザック・アシモフの不朽の名作「鋼鉄都市」に始まるイライジャ・ベイリ&ダニールの第3作です。この「夜明けのロボット」が出たときには当時ハードカバーを買うなんてとんでもない贅沢だったにもかかわらず、一瞬も迷わず購入したものです。

ところで「夜明けのロボット」、原題はなんでしょう?
(日本語のタイトルが原題とかけ離れているものもありますが、この作品タイトルは直訳です)
ま、robotとdawnは分かります。
問題は冠詞や前置詞。

続きを読む
posted by ひかり at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

公務員小説2冊

先日、「県庁の星」(桂望実)という小説を読みました。これは県庁づとめの地方公務員が官民交流の一環としてスーパーへ配属されるという話です。
昨夜、隠蔽捜査(今野敏)という本を読みました。これはキャリア警視が殺人事件の捜査にかかわりながら警察機構そのものと戦っていく話です。

公務員を主人公に据えながら全くタイプの違うこの2冊、それぞれにとても面白かったです。

続きを読む
posted by ひかり at 13:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

恵まれすぎ

今の職場は本の好きな人が多くて、本好きの私には非常に恵まれた職場です。
この連休はたいして予定も入ってないので、「本でも読もうと思うんだけど今手ごろな本がなくて」と言ったのが水曜だったか木曜だったか。

続きを読む
posted by ひかり at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。